AnimalWiki:畜産用語辞典について

From 畜産用語辞典
現在の畜産用語辞典について
畜産用語辞典で使用している MediaWiki のバージョンは 1.42.0-wmf.17 (666eb87) です。
現在の記事数は4,207で、
総ページ数は5,650です。
これまでの総編集は13,167回です。
これまでにアップロードされたファイルは222個です。
これまでに登録された利用者9人で、
そのうち管理者2人です。
この情報は2024年5月20日06:33 (UTC) 時点のものです。
最新情報に更新

Web版畜産用語辞典

畜産用語辞典

初版の「畜産用語辞典」は1977年に日本畜産学会(現:公益社団法人 日本畜産学会[1])の編集のもと、畜産に関する3000語について英名と簡単な解説を加えたものが上梓されました。わたしたちが日常でつかう畜産物(「牛乳」や「ハム」など)をはじめ、農場の現場で使われているわが国独特の用語(「ふけ」や「つる牛」など)、各研究分野でばらばらに使用されていた用語(「線維」と「繊維」など)を畜産学会内で統一したものなどが掲載されています。その後、1985年に改訂・増補版が出され、2001年に新編 畜産用語辞典[2] が発行されました。

Web版への移行

現在のWeb版では、用語の追加・削除、解説の見直しを継続的におこない、約 4,200 語が登録されています。また、書籍にはなかった写真も積極的に掲載し、よりわかりやすい用語辞典となるよう努めております。

運営と広告

Web版畜産用語辞典は株式会社養賢堂により運営されています。本サイトにおけるコンテンツの商業利用、データ提供に関するお問い合わせは、転載許諾申請よりお願いいたします。

表示される広告は、設置したサイトの内容や、サイト訪問者の閲覧履歴を元にGoogle社が決定し、Google AdSenseにより自動的に配信されております。そのため、日本畜産学会および株式会社養賢堂は、広告の内容について一切関知しておりません。なお、広告収入は本サイトを無償で提供するためのサーバー維持・管理・保守費用に充てられております。


脚注

  1. "公益社団法人 日本畜産学会." [2019-02-28].
  2. 日本畜産学会 編. 新編 畜産用語辞典. Yokendo Ltd. Publishers, 2001, ISBN 9784842500829.