摂食行動

From 畜産用語辞典
摂食行動
読み せっしょくこうどう
英語表記 feeding behavior

摂食行動(せっしょくこうどう)は、家畜が食物をから取り込み、飲み込むことによって体内に取り入れる行動をいう。この行動は、エネルギー摂取という直接的意味のほか、冬季には飼料摂取量を増やして熱産生量を増加させたり、また、夏季には逆に飼料摂取量が減少するなど、体温調節行動としての意味もある。また、闘争中に転位行動として見られる摂食もある。

このページを版も含めて参考文献として引用する場合は、
日本畜産学会編. "摂食行動 - 畜産用語辞典." Internet: https://animalwiki.yokendo.com/index.php?curid=3932&oldid=5185, 2022-04-13 [2024-06-22].
を使用してください[注 1]
https://animalwiki.yokendo.com/wiki/摂食行動
のようにすると、内容が変更された場合など、正しくない引用となる可能性があるので注意してください。


  1. 一例として、IEEE Citation Style GuideWorld Wide Web 形式
    Author(s). "Title." Internet: complete URL, date updated [date accessed].
    著者. "タイトル." インターネット: 完全URL, 更新日 [アクセス日].
    で記述してあります。
営利目的での利用については転載許諾申請からお問い合わせください。

以下の条件に従ってください。

  • 表示 — 適切なクレジットを表示するか、ライセンスへのリンクを提供し、変更があったらその旨を示さなければなりません。これらは合理的であればどのような方法で行っても構いません。
  • 非営利 — 営利目的でこの資料を利用してはなりません。
  • 継承 — もしこの資料を利用したり、改変したり、加工したりした場合には、あなたはあなたの貢献部分を元の作品と同じ条件で頒布しなければなりません。

上記の条件に従う場合に限り、

  • 共有 — どのようなメディアやフォーマットでも資料を複製したり、再配布したりできます。
  • 翻案 — この資料を利用したり、改変したり、別の作品のベースにしたりできます。

このサイトのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 のライセンスのもとに利用を許諾されています。